ふくしま素人落語の会

私たちの小さな思い「ふくしまで古典芸能の裾野を広げたい」

「芸は人なり」ふくしま素人落語の会創設者みそ家笑遊は

よくそう言っている。高座では、人となりが出るものだ。

私たちは、日々、誰かの笑顔からパワーをもらい活動しています。

豊かな自然に囲まれ、農作物が豊かに育つ町 福島。

のんびりとした風土に合った人の良さがにじみ出る話芸。

信夫山に見守られ、芸に磨きをかけています。

春に花咲く桜・桃のようにほっこりとした癒しを届けます。

 2007年4月に第1回信夫の麓寄席を開催し、ふくしま素人落語の会は生まれました。

信夫山の麓にある県文化センターを会場に、古典芸能である落語をアマチュア落語家らの噺を通じて古典芸能の魅力を発信し裾野を広めつつ、年5回とコンスタントに高座を設けることで“福島に古典落語の土壌作り”を目指しています。月に1度のAOZ寄席にもぜひ、お出かけください。

 


 

←ピッ!と読みとりQRコード。

ふくしま素人落語の会・新着ニュースを持ち歩こう!

寄席情報をTOPページで即確認! 

携帯・スマホでもホームページをご覧ください☆

CMAN QRコード作成

ふくしま素人落語の会チャンネルonYoutube

中家すゞめの落語動画です。メンバーの動画も上げられるように準備中です。